▲▲  最 新 情 報    : 2017 / 9月  ▲▲

 ホーム     山荘案内予約       山荘予約フォーム     今までの情報 

NO 2146  秋日和続く。

2017  9/ 25(月)

   昨日に続き今日も気持ちの良い秋空が広がる爺ヶ岳鹿島槍ヶ岳上空です。一週間の始まりを最高のスタートで飾ることができたこの移動性高気圧は水曜日までは鹿島槍ヶ岳上空も支配してくれそうです。この秋天下、主稜線の紅葉はすでに八分ぐらいの色付きを迎えており、お客さまも大感激の稜線漫歩となっております。

   ところでNHK気象情報などでも、今週後半は北日本の高い山では初雪になるくらいの寒気が南下する可能性もありと、昨日辺りから言い出しましたので、当然のことながら北アルプスも初雪になる可能性があるといったことは押さえておかなければならないでしょう。ただネットでチェックしてみると昨日の予想よりは今日の予想のほうが、寒気の南下も若干弱まっているように思えますので、実際のところどうなるかは神のみぞ知るといったところでしょうか・・・  木曜以降の北アルプス登山をご計画の皆さんは、毎日の気象情報をしっかりと確認をしていただきたいと思います。

   天気は生き物・・・ 予報が刻々と変わるのも当然のことですね。白赤緑の三段紅葉に逢えるかもしれない季節を迎えました。

種池山荘周辺〜爺ヶ岳南西斜面上部の紅葉はまもなく全開!です。(9/25)
気持ちの良い秋空と今秋最初の紅葉を求めて三々五々登山者が行き交う種池稜線。(9/25)
冷池山荘から見る爺ヶ岳北西斜面もいい感じになってきました。(9/25)
冷池山荘の周りもすっかり良い色付きです。(9/25)
連日さわやかな秋空が広がる鹿島槍ヶ岳。(9/25)

NO 2145  新越山荘今季の営業終了。

2017  9/ 25(月)

   今シーズンの御来荘誠にありがとうございました。夏山の天候不順、秋の台風襲来等でキャンセル等余儀なくされた皆さんも多かった年かと思います。来る平成30年にはぜひまたご計画いただければ幸いです。

日の出の位置がずうっと北側の夏は、山陰でご来光を拝むことができない新越山荘ですが、秋になり日の出にも立ち会えるようになりました。小屋閉めの季節になった証しです。(9/24)

NO 2144  ちょっとガスの多い一日

2017  9/ 23(土)

   未明には雷を伴なう強い雨が降り、心配された週末土曜日でしたが、お客さまが朝食を召し上がって小屋を出られる頃には雨も完全に上がり期待が高まりました・・・ しかし期待どおりにはなかなかいかず、その後もガスにおおわれる時間帯が多い一日になり、完全にガスが消え去るには夕方まで時間がかかってしまいました。ただお客さまは霧の合い間からの、登山道沿いの紅葉の進み具合に満足され、移動性高気圧がやって来る明日日曜日に期待しての山荘到着後のだんらんとなりました。紅葉日和の好天は水曜日頃まで続いてくれそうですね!

冷池山荘の周りも紅葉の世界が広がってきました。来週はピークを迎えそう!(9/23)
夕食前の楽しいひと時。

NO 2143  初氷の朝。

2017  9/ 22(金)

    まだ富士山や南アルプスはしっかりと遠望できる朝ですが、南岸低気圧の影響で太平洋岸は雨の一日になりそうですね。一方こちらはいい秋の一日のスタートになりました。今朝の最低気温は0度で初氷を観測しました。ただ強烈な霜は降りることなく紅葉たちにとってとってもよかったです。素敵な爺ヶ岳紅葉ウィークエンドの始まりです。

NO 2142  週末はお天気も紅葉も期待。

2017  9/ 21(木)

    昨夕の雨は結構いい降りになりましたが、寝る頃には星空が広がり、逆に朝方の強い冷え込みを心配したくらいでしたが、その後はまたまた小雨が明け方まで降り続き、ガスもかかり大した冷え込みはありませんでした。
 強烈な冷え込みで霜でも降りると、せっかくの紅葉が台無しになってしまいかねませんので助かりました。なお昨日のひどい強風に葉っぱが飛ばされてしまった場所もありますが、総じて影響はなかったようです。
 あさっての土曜日も当初は、南岸を通過する低気圧と秋雨前線の影響で、お天気心配されましたが、活動が弱いのか、はたまた予想より離れて通過するのか東京あたりでも雨マークがなくなってきましたね。当然のことながらさらに離れた北アルプス北部はバッチリ!!でしょうか。明日から週明けまで期待できそうですね。紅葉は日に日にどころか、朝より夕方のほうが進んでいるのも良くわかるくらいです。
 土曜日の冷池山荘がやや込み合うぐらいで、他の山荘、他の日は連休とは思えないくらいご予約少ないですので直前予約にて、暖かい服装にて紅葉たちに会いにお出掛けください。

ガスのかかる時間帯の多い一日でしたが、夕刻には色付き四分の爺ヶ岳主稜線登場!!!(9/21)

NO 2141  冷たい強風の一日。

2017  9/ 20(水)

    寒冷渦や寒冷前線を引き連れた低気圧が日本海を東進の一日だったんですね。昨日があまりに穏やかな秋日和でしたので、ちょっと油断をしていました。朝から寒気を伴った雲が出ていましたが、日差しもやや弱い肌寒い一日になってしまいました。さらに先日の台風より強い風が吹き抜ける主稜線は体感温度0度っていう感じでした。幸い雨のほうはお客様も到着された午後4時過ぎからでよかったです。明日は次第に回復へと向かってくれるものと期待しています。

新越山荘から針ノ木岳方面。今日は一日こんな感じ。お客様は強風に難渋されたようです。(9/20)

新越山荘の営業も今週一杯となりました。

小屋閉め作業も同時進行ですのでご理解お願いいたします。なお必ずご予約はお願いいたします。(9/20)

NO 2140  大きく一歩前進!!!

2017  9/ 19(火)PM

      台風一過の一日。ガスも沸いてこない一日。富士山だって一日中… 歩いていても、腰を下ろしていても納得の一日。視界の先には、色づきも一気に二分以上に前進した爺ヶ岳があります。今週末から月末にかけても、こんな穏やかな天候が続いてくれ、爺ヶ岳絶頂の瞬間にみんなが立ち会えますように……

 

NO 2139  気分一新。

2017  9/ 19(火)

   よりによってなにも3連休にピッタリと合わせて来なくてもいいじゃない・・・・ そんな愚痴とも恨み節ともつかぬ言葉が、すべての登山者そして山小屋関係者の口からもれたであろう台風18号も過ぎ去って、敬老の日3連休明けはとっても爽やかな気持ちいい朝です。最近においては珍しいくらいのスッキリ!感あふれる台風一過の秋空が拡がります。好天に恵まれれば今シーズンいちばんのにぎわいになったであろう3連休は、お客さまもほとんどおられない寂しい結果になってしまいとっても残念でしたが、復活した今日の空のように心機一転、気分を一新して残された秋山シーズンに向って行きたいと思います。

   新越山荘の営業はもう今週一杯(23日のご宿泊まで)になってしまいましたし、種池山荘と冷池山荘の営業にしましても、早くも残り期間が1ヶ月を切ってしまいました。皆さまに置かれましてもフラストレーションが溜まる今夏の天候不順、そして今回の台風騒動だったと思いますが、残り1ヶ月余りになった北アルプスの夏秋山シーズンに悔いが残らぬよう、今一度ご計画を立てていただければ幸いです。

   主稜線の紅葉のピークは月末にあたる来週後半ぐらいからでしょうか・・・  初雪に出会えるのもそう遠くはないでしょうか・・・  天候をしっかりと見極められ、これからは防寒装備等もしっかりと持たれてお出かけいただきたいと思います。ちなみに今週から来週明けにかけては周期的に弱い気圧の谷の通過もありそうですが、私が鹿島槍ヶ岳周辺の類似天気の指標としている新潟市の週間天気もまあまあのようです。直前までしっかりとご確認の上で今秋最初の紅葉登山にお越しくださいませ。3つの小屋ともたいへん空いております。また23日の秋分の日のご予約に関しては今日現在冷池山荘がやや込み合うぐらいで、種池山荘も新越山荘もご予約はたいへん少なめとなっております。なお台風による雨量はさほどではありませんでしたので、登山道も支障等はないものと思われます。

これぞ!北アルプス。右前のピークは爺ヶ岳南峰。その先の赤沢岳〜針ノ木岳〜蓮華岳稜線のはるか先の薬師岳、赤牛岳、槍穂高、大天井岳などの山々も手に取れる朝です。(9/19:爺ヶ岳中峰にて)

紅葉前線もすでに降臨!色合いを少〜しずつ深めて行く毎日です。

爺ヶ岳頂上からの立山剱サイコー! (9/19)

NO 2138  台風18号も去って。

2017  9/ 18(月)

   昨夜遅くから今日明け方までの数時間が、今回の台風の唯一台風らしい時間帯。雨風ともに強まりましたが、当地では被害等が出るほどのものではなく助かりました。その後昼過ぎまではまだまだ肌寒い時雨れ模様が続きましたが、午後2時過ぎからは急速に回復して青空が広がりだしました。ため息の3連休も終わって、明日は台風一過のお天気が期待できそうです。

9/10、9/15の写真と比較してみてください。爺ヶ岳南西斜面の紅葉が、確実に進んでいるのがおわかりかと思います。こんなお天気が3連休中続いてくれると誰もが信じてたのにね!(9/18:PM4時)
手前の毎年ちょっと気の早いミネカエデはだいぶ色を増してきました。正面の斜面が紅葉全開を迎えるのは来週後半でしょうか。どの葉っぱたちも台風なんかに負けていません。(9/18:PM4時)

NO 2137  寂しい3連休の中日。

2017  9/ 17(日)

   朝方から降りだした霧雨は、午後からは少しずつ雨脚を強めた3連休の二日目。残念ながら3つの小屋とも3連休とは思えないような、人の流れ、そして限りなくゼロに近いお泊りのお客さま数。とっても残念でならない平成29年敬老の日3連休となってしまいました。

本来は15日が種池山荘泊り、16日はゆっくりと鹿島槍ヶ岳ピストンして冷池山荘泊りの予定だったクラブツーリズムの皆さん。台風の接近が予想されるなか、16日は一気に鹿島槍ヶ岳をピストンされて種池山荘に再び戻ってこられて、登頂の祝杯を上げられました。お天気よくて良かったですね(9/16)

みなさん予定通りだったら、雨の中を冷池山荘から種池山荘まで縦走しなくちゃならなかったのですが、今朝は安全安心、風の影響もない柏原新道を下山されるだけです。

前日全員で頑張って良かったですね!(9/17)

NO 2136  3連休はおだやかにスタート。

2017  9/ 16(土)  AM 11:00

   敬老の日3連休は無風曇天日差し無しも視界100km余りのまあまあのお天気で幕開けです。台風18号のややもすれば過熱気味の報道(でもそのおかげで、近年は台風による人的被害が少ないっていう一面もあるのかな・・・)で、登ってこられるお客さまもたいへん少ない、とっても静かな3連休初日となっています。今夜からは雨も降り出すのでしょうが、本日登って来られたお客さまには今日という初秋の一日を十二分に満喫していただけて本当に良かったです。願わくば明日も明後日も被害が出るような大荒れの天気にならないよう期待です。

3連休初日の舞台、富士山の登場は叶いませんでしたが、浅間山や八ヶ岳はしっかり登場してくれました。(9/15)
目の前には針ノ木岳、赤沢岳、鳴沢岳が・・・
北に目を転ずれば北アルプス最北部白馬岳方面も・・・
黒部川をはさんで対岸には剱岳立山連峰が・・・
もちろん鹿島槍ヶ岳も、そしてその奥には妙高山や火打山、焼山もくっきり・・・
当然のことながら眼前には爺ヶ岳も屹立する、オールキャストの3連休幕開けです。(9/15)

NO 2135  今日も気持ちいい初秋の一日。

2017  9/ 15(金)

   敬老の日3連休を前に好天が続き、お客さまも大喜びのここ3日間でした。ただ明日以降は台風18号の接近、通過ということで、雨の時間帯も増えそうですね・・・(ひたすら残念無念でなりません) 今はただ大雨大風になることなく、できるだけそ〜っと立ち去ってくれることを願うばかりです。

   また夕方の気象情報の雨雲レーダー見てると台風本体の雨雲と東側の秋雨前線の雨雲の間には雨雲が目立たない空間もあったりしましたので、うまい具合にそんな空間が日中に北アルプス上空にかかってきてくれたらなあなんて期待しています。すっかりご予約も少なくなってしまいましたが、お越し下さる皆さん はお気をつけてお越し下さいませ。

穏やかな初秋の一日。紅葉前線が舞い降りて少しずつ色付いてきました。まだまだ葉っぱ達も元気いっぱいですので、台風の強風もやり過ごしてくれるものと思います。(9/15)
来週の後半あたりからは目に見えて色付いてきてくれることでしょう。(9/15)
遠望する信越国境や上信国境の山々もいつも以上に大きく見える夕暮れ時です。台風の接近を知らせる兆候でしょうか・・・ 被害をもたらすことなく早く過ぎ去ってほしいですね。(9/15)

NO 2134  初秋の一日。

2017  9/ 14(木)

   吹く風はやや冷たいものの気持ちのいい一日。種池山荘周辺の毎年超早めに色づくポイントは、今秋もいち早く紅葉前線が到来です。また午後には上空一面ににうろこ雲もやって来てくれました。今週末の敬老の日3連休もこんな天気が続いてくれるものと期待してたのに・・・ どうなるんでしょうかね? 台風18号。 朝の 台風予想進路図より今夜の予想のほうが九州に近づく時間も遅めになっているので、日曜の午前中ぐらいまでは、なんとかお天気ももってくれるのではと淡い期待を抱いているのですが、一方では秋雨前線の影響や湿った大気の流入も考慮しなくちゃいけないでしょうし・・・  明日もう一日、気象情報をしっかりとチェックしたいものです。できることなら昨日、今日そして明日のお天気を3連休に取っておきたかった・・・

 
 
 

NO 2133  冷たい雨は、また一歩秋へ。

2017  9/ 12(火)

   昨夜遅くからの冷たい雨は夕方には小降りになってきました。なんとか明朝はスッキリと行ってほしいものです・・・  これからの雨は、一雨一度と言い、雨の度に気温も一度ぐらいずつ下げていくと言われていますが、岳の上では一雨ごとに周辺の木々の紅葉も進んでいくことでしょう。

午後遅くには雨も小止みになり、安曇野方面も見えてきました。(9/12)
こちらは昨日の鹿島槍ヶ岳。この雨のあとはさらに季節は前へ進んでいることでしょう。(9/11)
同じく昨日の爺ヶ岳。種池平から爺ヶ岳南峰に登りだす地点のミネカエデの低木は爺ヶ岳のウラシマツツジとともにいちばん早く秋の訪れを知らせてくれるポイントです。(9/11)

NO 2132  いい週末でした。

2017  9/ 10(日)

   昨日は夕刻にほんとうにぱらぱらっと夕立もどきがありましたが、ほこり除けにもならない程度のもの・・・ 土曜日曜と安定感たっぷりの週末となりました。またこのところの適度な冷え込みで、周辺では毎年いちばん先に紅葉が始まる爺ヶ岳南西斜面2500m付近のダケカンバの樹林帯も緑が微妙に黄色味を帯びはじめたように感じます。次の次の秋分の日連休辺りには、期待も込めて、紅葉もかなり進んでくれるものと思っています。

爺ヶ岳南峰下の斜面も夏の色合いとは明らかに違います。紅葉への期待も日に日に高まります。(9/10)

NO 2131  お約束の北アルプス秋天

2017  9/ 9(土)

   気持ちのいいさわやかな移動性高気圧が定期的? にやってきてくれるようになってきました。今週末も期待に違わぬ秋の空におおわれての土日スタートです。そんななか今朝は新越山荘でも今秋最初の降霜を薄っすらと観測しました。 ただ朝方のブルブルッ! も日中は、もう忘れかけていた夏を感じられそうな暑さになりそうです。また当初は月曜日から崩れそうな予報だったお天気も、東日本では月曜日までは持ちこたえられそうということで、絶好の週末登山日和になりそうです。9月秋山シーズン入りは先週末、今週末といいスタートをきれました!

蓮華岳針ノ木岳をバックに新越山荘のベンチにも初霜。秋がまた一歩前進です。(9/9)
新越山荘の談話室より。お客さまも大喜びで小屋を発たれていきました。ガスが上がらず一日中剱岳立山を見ながら針ノ木小屋まで到着できたらどんなにうれしいことでしょうか・・・ (9/9)
新越山荘より遠く白馬岳を望む。3000m近い白馬山荘ではきっと氷も張ったことでしょう。(9/9)

NO 2130  週末のお天気廻りがよくなってきました

2017  9/ 8(金)

   水曜、木曜日と久しぶりに、まとまった冷たい雨になった北アルプスですが、週末を前に今日は早い段階で雨も上がり、10時前からはチラチラと晴れ間ものぞく天気になりました。そして明日からの土曜日、日曜日は移動性高気圧がやってきて本州をおおってくれそうですね。皆さんも好天を確信されていらっしゃるようで、直前予約も増えてうれしい次第です。朝夕を中心に肌寒くなっており先日は薄っすらと初霜も降りています。上着等をお忘れなきようご注意下さい。

   ところで次週末は早くも敬老の日3連休なりますが、夏の不順な天候続きで、計画を断念された皆さんが、リベンジをねらってお越しいただけそうで、かなりにぎわいそうです。次週も半ばからは移動性高気圧におおわれそうな感じ・・・  とにかく台風だけは絶対に近づかないように、みんなで願掛けしましょう!

爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳の頂上はすっきりと姿を見せてくれませんでしたが、基本お天気は回復へ!  明日明後日は3週続きの週末の晴天に期待です。(9/8)
ナナカマドの実はすっかり赤く色づき、葉っぱが染まりだすのも間もなくでしょう。(9/8)
種池山荘前はコバイケイソウの黄化が日に日に進みます。(9/8)

NO 2129 赤沢岳で悠久の黒部を満喫。

2017  9/ 5(火)

   先週末から続いた好天も明日からは一服になりそうです。今夜は走りの雨も少し当たり出してしまいました。本日終日晴天の鹿島槍ヶ岳爺ヶ岳を存分に満喫してお泊まりいただいたお客さまも明日は、久しぶりの雨に打たれてのやや心残りの下山になりそうです。雨脚があまり強くなりませんように・・・

   さてそんな秋空の一日、山荘スタッフの一日休暇をつかって種池山荘スタッフのSさんが赤沢岳まで遊びに行ってきました。赤沢岳まで行くと悠久の黒部川の流れを蓄える黒部湖を眼下に、その奥には黒部の源流たる薬師岳や赤牛岳などのたおやかな山々がひかえます。行き交う登山者も少ない赤沢岳で、しっかりと10月の小屋閉めまでの英気を養ったことでしょう。

   赤沢岳からは正面に立山剱岳、目を南に転ずれば五色が原から薬師岳赤牛岳水晶岳などの奥黒部の峰々、南側にはすぐそこに針ノ木岳、蓮華岳そしてその先には表銀座の山々(槍穂高は針ノ木岳の陰になります)、また後ろに目をやれば鹿島槍ヶ岳から先の後立山連峰の峰々が白馬岳まで連なり、その左には黒部川の下の廊下の峡谷が北アルプスを深く削ります。山はどの山も素敵ですが、赤沢岳は私も大好きおすすめの一山です。

   ところで爺ヶ岳〜赤沢岳〜針ノ木岳縦走の要の山小屋 新越山荘の営業もあと20日弱になってきました。今年はもうご無理なかたも、ぜひ来年はご計画いただければうれしいです。なお明日からの雨も今週末には回復してくれそう・・・  なんかここのところ週末のお天気が、いつのまにか良い方向に動いていてくれませんか・・・  先週末も良かったし、先々週末もそうだったし・・・ 期待の敬老の日3連休、秋分の日連休もなんか楽しみになってきますね!

種池山荘を出発後は常に立山と剱岳をお供に赤沢岳を目指す。今日もイイ天気!
赤沢岳頂上に到着。黒部湖と正面に大きな薬師岳が横たわる。
縦走する登山者が目指す針ノ木岳も近づいてきました。
鳴沢岳、岩小屋沢岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳から白馬岳までつながる後立山連峰の大きさに感動。
主稜線の鞍部に新越山荘が見える。新越山荘スタッフに別れを告げて再び種池山荘へ

NO 2128 冷池山荘では初霜観測。

2017  9/ 4(月)

   先月末から肌寒い日が続いていますが、今朝冷池山荘では薄っすらと初霜が降りました。 ここ20年ほどの間の当山荘のなかでは最も早い部類の記録になります。(中には平成26年の7/29という初霜なのか? 遅霜なのか? 首をひねるような記録もありましたが・・・ ) 秋の訪れが早く感じる今シーズンですが、このあとも紅葉に向けて適度な冷え込みが続いていってほしいですね。

   さて紅葉は最低気温が8度以下の日が続くようになると、スタートラインにつくといわれていますが、このところの冷え込みで、付近の木々も紅葉に向けてしっかりと目覚めてくれたものと思います。今年も素敵な紅葉に出会えますよう、強烈すぎる冷え込みと強霜、さらには台風の影響とかがなければいいのですが・・・ 来週に入ると木々の色合いにも少しずつ変化がでてくることでしょう。昨日の冷たい強風は完全に去り、おだやかな日差しがそそぐ鹿島槍ヶ岳主稜線です。

初霜、初氷、初雪、初冠雪と順調にやって来てほしいですね。(冷池山荘:9/4)
連日の遠望。今朝は東京方面は雨だったようですが、富士山はしっかりと視界の中に納まりました。

NO 2127 寒〜いけど最高!!!

2017  9/ 3(日)

   昨日はほぼ終日ガスがかかるお天気でしたが、今朝は見事に晴れ上がりました。最低気温は2度台まで下がり、北風も相当に強いので体感温度はマイナス5度以下の感じでしょうか… 皆さん持参の上着をしっかりと着こんでブルブルでのご出発です。週明けまでの好天高い秋空が期待できそうです。 

 
 

NO 2126   9月入りは、ひんやり爽やかな秋空でスタート。  

2017  9/ 1(金)

   昨日の8月晦日は明け方の雨は上がったものの、その後はガスの多い一日でしたが、今朝は雲海の上に周囲の山々が聳える、素晴らしい9月入りを迎えました。今朝の温度は4度台まで下がり、今秋いちばんの冷え込みになりました。もしかしたら小屋より500m近く高い鹿島槍ヶ岳頂上では、各種条件がそろえば初霜や初氷を観測したかも知れません。また北アルプスでも山小屋の標高が高い白馬山荘、槍ヶ岳山荘、北穂小屋などでも、そうだったかもしれませんね。

   なお小笠原で足踏みをしていた台風15号もようやく北上を始めそうですが、当初の予想よりさらに東寄りのコースになりそうで、週末の鹿島槍ヶ岳周辺への影響もさほどないのではと期待しております。テレビ局の中枢が東京にあり、東京に近い台風の話題はなおさら大きく報道するので、今週後半はキャンセルも多く出てしまいましたが、それはそれで一理・・・  ぜひまたご計画くださればと願っております。 ただ台風通過、北上後は気圧配置が冬型になりますので、日曜から月曜にかけては寒さ対策をしっかりとお願いいたします。 なお今週末は3つの小屋ともすいております。毛布も付いてますので暖かくしてお休みいただきたいと思います。

   P.S  夜になってガスも取れてきました。週末はまあまあ期待できそうですね。

鹿島槍ヶ岳の頂上は冷え込んだことでしょう。今年は秋の訪れも早いでしょうか・・・ (9/1)
高〜い位置の雲海とどこまでも高〜い秋空との間に、剱岳立山連峰が屹立。黒部の谷を埋めつくすような雲海が現れるようになると、秋到来の証しです。(9/1)
 
爺ヶ岳北峰にも朝日がさします。これからは日に日に秋色に変わっていきます。(9/1)
どこまでも澄んだ青空と小屋を宿す冷池。(9/1)
ただ日中は今日もガスの多い一日に・・・ そんなときは小屋の中でビールを片手に明日の作戦会議がいちばんですね!週末は皆さんの願いが通じますように!(9/1)
昨日は明け方の雨も上がり朝は虹が出ました。その後今日まで雨は降っていません。(8/31)

2017年9月冷池山荘種池山荘新越山荘